検索結果のスパム

ブログ内で検索されたワードを見ることができるのだが、最近になりそれがスパムで埋め尽くされている。一部しかスクショしていないが、この下にも怪しいリンクがずらっと並んでいる。

スパム自体はブログ運営をしていれば珍しいものではないのだが、これに関しては意図がよくわからないのが疑問だった。ただ調べてみると同じような被害に悩んでいる人は多く、さらに運営側に明確なデメリットがあるという。

自分も正確に理解できているか怪しいのだが、つまりは何かしらのワードで検索されればその結果のページが生成されることになり、そのページ自体をGoogleに登録させて自サイトの宣伝に使うという手口らしい。そのページには上のような宣伝文句とリンクが掲載されることになるわけなので、そこからの流入を狙うということなのだろう。そして一方の運営側としては中身もなく怪しいリンクが載っているだけのページが大量に生成されればサイトの評価は著しく下がるわけなので溜まったものではない。

ただ結果的には当ブログは「サイト内の検索結果ページをGoogleに登録させない」という設定をしていたため、直接的な害は幸いにも被っていない状態だった。ただやはり確認したときに上の画像のような状態だと目障りなので無いに越したことはないのだが、それ自体を排除する方法は現状では無いらしい。サイト内検索自体をなくす方法はあるらしいが、どういったワードが検索されているかを知ることは運営にも役立つ面があるのでその方法はできれば避けたい。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)