栗山巧選手2000本安打おめでとうございます

栗山巧という選手は生涯西武ライオンズを誓ってくれた数少ない選手である。西武は主力が次々と流出することもあり、一途を貫き通す彼を気がつけば一番好きになってしまっていた。そんな人がプロ野球選手としては偉業である2000本安打を達成した。基本的に他人の幸せが恨めしい自分ではあるが、栗山巧の2000本安打は自分のこと以上に嬉しい。こんな自分がそういう風に思うことのできる選手なのである。

もちろん本拠地で達成するのが一番だったとは思うが、岸・炭谷・浅村・牧田・石井一久という元西武選手だらけの中で達成できたのもある意味ではこれ以上ない状況だったのかなと思う。どんだけ楽天に選手を取られているんだと言いたいが、今回ばかりは怪我の功名とも言える状況だろう。あらためておめでとうございます。その瞬間を生で見られて本当に良かったと思う。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)