小指の話

自分の両手の小指は生まれつき少し内側に曲がっている。とは言っても「よく見れば」という程度の話でそんな人はたくさんいるし、日常生活に特に支障はない。ただまったく問題が無いかと言えばそうでもなく、人生の中で何度か不利益を被ってきた。

ひとつはギターである。小指で弦がうまく押さえられないのである。ギターはただでさえ小指の扱いが大切なのに、いきなりハンディを被っているわけだ。手首の角度を変えたりといった工夫で乗り切っていた覚えがある。ただギターが上手い人でも同じ悩みを抱えている人もいるだろうから、結局は個人の努力の問題だとは思う。

そしてもうひとつが麻雀である。「哲也」に影響されて燕返しの練習をしてみたのだが、そもそも牌山を積むときに小指がまったくしっくりこない。これも練習が足りないというだけの話なのだろうが、上達までに時間がかかる事実が少し悲しくはある。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)