中田翔

例えばこれから彼が日本代表として殊勲打を打つようなことがあれば、自分も結果主義の愚かな野球ファンのひとりなので考えを改める可能性はあるが、とはいえ基本的には今回の件はドン引きである。基本的に人は人を殴らない。それができるのは日常的にそういう部分があったことに他ならないと思う。中田翔を擁護する気にはまったくならない。

すでにありふれた意見だろうが、ベストは日ハムが責任を取って今シーズンいっぱいは謹慎処分にし、そのあとにトレードに出す流れだろう。ただ現実は他球団にトレードされたら不祥事もリセットされて即日で出場できるということらしい。正直なところファミコン時代の裏技を思い出して感心してしまった。それで事が済むなら誰でも今後はそうするべきだろう。

だが人間の感情と言うのはそこまで単純ではない。その成り行きは明らかにおかしいと思うのが大半の意見だろう。では巨人がおかしいのかと言えば、そうではない。おかしいのは日ハムである。巨人からすれば他球団から明らかに厄介払いで受け取った選手を謹慎させる理由はない。一日でも早く試合に出して戦力として働いてもらうのがコストの面でベストに決まっている。そこを勘違いしてはいけない。繰り返して言うが異常なのは不祥事を起こした選手に対して何の責任も取らず、放出すれば責任ごと押し付けられるという日本ハムファイターズの腐りきった考えそのものである。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)