万年筆を洗う

引き出しの整頓をしていたら数年前に購入したLAMYの万年筆が大量のインクと共に発掘された。ちょうどボールペンのインクが無くなったところだったので室内のメモ書きには万年筆を使おうと思ったのだが、当然ながら最後に使ったのが一年以上前なのでペン先のインクが固まってしまい書くどころではない。

こういうときにどうするかと言うと意外と簡単で、ペン先を外して水につけておくだけである。そうして数時間もすれば水にインクが溶け出すので、後は乾燥させて使うだけだ。

ただあらためて考えてみるとボールペンなら時間が経過して使えなくなるなんてことはほとんど無いし、ましてや鉛筆やシャーペンなら絶対と言っていいほど無い。万年筆の見た目と書き心地は好きだが不便なものであることは否定できないように思う。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)