ボーっとできなくなった

死ぬほどブログのネタが出なくなったため脳の整頓をするべく瞑想を敢行しようとしたのだが、ごちゃごちゃと色々なことが浮かんできてそれすらもままならない。集中力を高めるための瞑想だと思うのだが、そもそも瞑想に集中できないのである。目を閉じても頭の中に膜が張っているような感じだ。

子供の頃は平気でボーっとすることができたような気がするが、いま思えばそれはそれで自分の中の情報を整理するために必要な時間だったのかもしれない。大人になるにつれてパソコンやスマホが身近になり、情報にまみれている状態が当たり前になっていった。物質的には間違いなく満ち足りていると言えるのだろうが、同時に精神が落ち着く場所が押し出されているような感覚に陥る。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)