お高めのシャーペンを買ってみた

万年筆の抉るような書き心地は快感ではあるが、それが災いしてメモを取るときにサラサラと書くには向いていないように思う。そこでシャーペンに目をつけてみた。ボールペンでも良かったのだが、どちらかといえばシャーペンのほうが低コストだろうというだけの理由だ。替芯の規格が統一されているのも大きい。そしてどうせなら一生使えるぐらいのものが欲しかったので少しお高めのシャーペンを選んでみた。ちなみに頂いたアマギフを使わせていただきました。

パーカー シャープペンシル ジョッター コアライン ブラックCT 1953421 0.5mm 正規輸入品
created by Rinker

1,500円で購入した。一般的なシャーペンと比較したら高いが、高級筆記具ブランドとして名高いパーカー製と考えればかなりお手頃だ。

届いたものを手にとってみるとコンパクトな見た目に反する重みが手に伝わってきて筆記欲をくすぐってくる。書き心地に関しても問題は無し。元も子もないことを言うが高いと言っても結局はシャーペンなのだから書き心地なんて似たりよったりだ。つまり「問題が無い」というだけで評価されていいのである。しばらくはこいつを愛用してメモに励みたい。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)