【感想記】「プリパラ&キラッとプリ☆チャン&ワッチャプリマジ!Winter Live2021」

年末恒例のウィンターライブが開催された。今年は『ワッチャプリマジ!』と『アイドルランドプリパラ』がライブ初参戦ということで最大の見所と言っていいだろう。新情報などを含めてざっくりとまとめつつ感想を書いていきたい。なお自分は配信にて昼夜通しで参加しました。

鈴木杏奈旋風

プリマジ勢はシリーズのライブ初参加ということで全体的に緊張している様子が見て取れたが、その中にありながら鈴木杏奈は圧巻だった。ライブの幕開けを飾った「Dreaming Sound」に加え、心愛れもん名義での「こんな世界に告ぐ」を見事に歌い上げた。歌唱力の高さは元から知るところだったが、当日に18歳の誕生日を迎える女の子があそこまでの舞台度胸を見せてくれるとは思いもしなかった。彼女が今後の『ワッチャプリマジ!』および関連のライブを大いに盛り上げてくれることを期待せずにはいられない日となった。

プリ☆チャン3期のサントラジャケット公開

先日、待望のサントラ発売がアナウンスされたが、当日のライブでジャケットも初公開となった。

ライブでプリ☆チャンの楽曲を聞いている内に持病のプリ☆チャンロスが再発してしまい、その矢先でこんなジャケットを見せられたので不覚にも泣きそうになってしまった。発売が待ち遠しい。

ドレシ単独ライブなるか

今回は茜屋日海夏、芹沢優の両名が不在だったため、ドレッシングパフェの三人が「実質神アイドル」としてライブを支えていた。以前のライブで「あったらいいね」的にドレシの単独ライブが語られる場面があったが、締めの挨拶での山北早紀の「新たなステージに立つ」という宣言から可能性がそれなりにあるのではないかと思えてきた。言葉のニュアンスを受けての憶測でしかないのだが、水面下で計画が進行中とかだったら嬉しい。もちろんドレシだけではなく、どのチームでも単独でライブが行えるならそれに越したことはない。

おわりに

新鮮さと馴染み深さが共存していた濃いライブだった。ライブ歴が浅い自分にとってもウィンターライブは風物詩となりつつあるようで、視聴後に今年も終わるという実感が急にこみ上げてきた。『プリパラ』『プリ☆チャン』のライブは今後ももちろん楽しみだが、やはり今は『ワッチャプリマジ!』の単独ライブを何より楽しみにしたいところだ。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)