『押し引きの教科書』を買った

絶版となりプレミア価格がついていた本だ。麻雀において最も勝利に直結しやすい「押し引き」に特化した内容となっている。

ちなみに自分はリメイク前の本もフリマサイトで3,000円払って購入している。それなのに何故こちらも買うかというと、まず内容が現代向けにアレンジされているかもしれないということ。他には文庫サイズで読みやすそうということがある。

結果的には内容にはほぼ変化が無かったが、やはり文庫サイズだと外に持ち出しやすく読みやすいのでそれだけでも大きなメリットに思える。ただ紙が薄いのか読んでいるときに次ページの解答が透けて見えるのが少々難点だ。なんとか目を背けながら読むようにしている。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)