「The Witcher 1」をやってみた

先日のセールでウィッチャーの1と2を購入した。合わせて400円という安さに釣られて買っただけでガッツリとプレイする気はないのだが、まったく手を付けないのも味気無いのでチュートリアル程度はやってみることにした。

とりあえずはシリーズ一作目の「The Witcher」をプレイしてみたのだが、思った以上にグラフィックのレベルが高いことに驚いた。発売したのは2007年なので当然ながら現代の作品とは雲泥の差があるが、同時期に発売した「Oblivion」などよりも質が高いと感じる。ケィア・モルヘンの荘厳さなどは初代のほうが余程感じやすいと思ったぐらいだ。

ただゲラルトの顔だけは違和感ありありである。3から入った自分としてはやはりゲラルトと言えばヒゲボーボーのいかついオッサンなのである。ふかわりょうみたいにナヨナヨしている1のゲラルトを自分は愛せるのだろうか。



コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)