WBC、おつかれさま

敗北を突きつけられて初めて心から優勝を願っていたことに気づくのは皮肉なものである。悔しい試合には違いなかったが、負けるときは負けるものだ。なにより大会全体を振り返れば充実感のほうが勝っている。そのことを誇ってほしい。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)