Undertaleの感想

そこそこ最近流行った『Undertale』というゲームを配信でクリアした。最初は普通のルートを、その次は敵モンスターをすべて虐殺するジェノサイドルートを、そした最後に誰も傷つけない平和ルートを攻略した。それなりに遊ばせてもらったわけなので感想を書いていきたいと思う。最初に言うならば、Undertaleというゲームは間違いなく面白いゲームであるということだ。このゲームを自信を持って非難できる人はあまりいないと思う。かといってあらゆる要素を褒めちぎるとただの痛い信者と変わらないので、この記事では各要素について絶賛したり酷評したりを繰り返すことになると思う。

まずストーリーについてだがこちらについては言うまでもなく素晴らしい。これまでのRPGの歴史をあざ笑うかのようなアンチテーゼやメタ発言の連続で、それがこのゲームの骨子となっていたことは間違いない。むしろこの点が無ければUndertaleはただの凡庸なPCゲームでしかなかっただろうし、この点があったからこそ必要以上の非難を受けずに済んでいるのだと言える。

次はキャラクターについてだが、ストーリーについて文句が無いということは同時にそれを構成するキャラクターにも文句が無いということである。つまり満足だ。またキャラクターの性格についてもルートによって真逆の対応をされたりするので、各ルートを対比する楽しみも生まれていたと思う。どのルートを選んでも性格が変わらないキャラクターもいるのだが、それだけに自分の選んだ道が正しいのかどうかも考えさせられたりもした。むしろUndertaleにおいてはキャラクターこそが世界観を形作っていると言ってもいいかもしれない。

Undertaleの特徴的な点として戦闘システムもあるのだが、上記のストーリーやキャラクターと比較するとこちらは微妙だ。コマンド式の戦闘に慣れてきた身としては新鮮さはあるのだが、やはりそれは出会い頭の衝撃だけで永続的な楽しさには繋がらない。そこから飛躍して言うならば、UndertaleはドラクエやFFのようなナンバリングタイトルには絶対になりえない(もちろん製作者自身がその点は理解していると思うが)。ただこれは批判というわけではなく、むしろこのゲームの最大の特徴と言ってもいいかもしれない。

どういうことかと言うと、このゲームの魅力は刹那にまばゆい輝きを放つ点にあるわけで、次の世代に受け継がれていくようなものでは決して無いと思う。それは悪いことではない。このゲームはあくまでも現代に生きる我々に痛烈に訴えかけるために生まれたゲームなのであり、このゲームに触れられた今この瞬間にプレイヤーはあらゆる感情を脳内に巡らせればいい。続編に期待したりするのはナンセンスだ。

Undertaleは現代までに蔓延ったRPGを徹底的におちょくることでその任務を完遂した。大切なのはこのゲームを受けた人が次にどのような選択をするかどうかだろう。

6


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)