【感想記】プリパラ 第9話 「ときめきアイドル大集合!」

『プリパラ』感想まとめ

なんて正確な音程!

そふぃと同じバラエティ番組に出場することになったらぁら&みれぃ。さらにらぁらは運良くそふぃとペアになることに成功する。しかし当のそふぃは番組の途中で甘いものを口にしてしまったことで元の姿に戻ってしまう。彼女の体の仕組みがよくわからない。

ついに「北条そふぃ=梅干しピザのお客さん」ということがらぁらにバレてしまうわけだが、らぁらは「なぁ~んだ、そうだったんだ」と意外にも素直に納得した様子。このシーンのらぁらの表情とあっけらかんとした反応がとても好きだ。自らを閉じ込めることを強制されてきたそふぃにとってどれだけ救いだったことか。

元の姿を見られたことに対して「がっかりしたでしょ?」と問うそふぃに対しても「どっちも本当のそふぃさんなんでしょ?」と当たり前のように返答。今回はらぁらの人間力が光りまくっている。こんなことを言われたらそふぃはイチコロだろう。

その後、番組もふたり(主にらぁら)の奮闘により優勝となり、初のペアライブが実現。さらにライブ後にチーム結成をそふぃに直談判すると、意外にもあっさりと了承してくれた。なんというトントン拍子。

「喜んで」

しかし当然ながら『プリパラ』はそんなに甘くはない。もはや相思相愛状態の三人と言ってもいいが、決して障壁が無くなったわけではないのである。

キュピコン!

言及するのを忘れていたが、今回は一部で熱狂的な人気を誇る白井ななみ(CV:南條愛乃)ちゃんが初登場した回でもある。彼女は「キュピコン」という口癖がウリ? のアイドルであり、その強烈なキャラクター性ゆえに視聴者の度肝を抜いた。

彼女の登場は多くは無いが印象的なものばかりなので、今後も楽しみである。

次回、第10話「秋色ラブリーライブ」

また濃いキャラが出る模様。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)