【感想記】プリパラ 第87話 「語尾の果て」

         

『プリパラ』感想まとめ

それが許されている場所

システム暴走後のプリパラに降り立ったらぁら。一見すると元通りに見えるが、そこは「友達」という概念そのものが欠落した世界になっていた。ドロシーとレオナすらも互いを忘れてしまっているようなので、もはや他人との関係性というもの自体が消滅しているのかもしれない。挙げ句の果てにはみれぃまでもがらぁらのことを忘れてしまっており中々にショッキングなシーンの連続となっている。自分がリアル女児だったらトラウマになっているかもしれない。

らぁらだけがこの世界で正常でいられるのは、逆に言えば彼女のみがこの世界に抗う何かを持っているということだろう。みれぃもらぁらと共に行動をするうちに全てを思い出したようだ。記憶を取り戻す展開からの第1話の名シーンの再現は最高に熱い。

仮にもここがプリパラなのであれば、みれぃが言うように「みんなはアイドルの歌を待ってる」はずである。らぁらとみれぃは本当のプリパラをみんなに思い出してもらうべくライブを行うことに。曲は『Love friend style』。

最初はらぁらとみれぃの二人だが、次にそふぃが、その次にドレッシングパフェが加わり全員集合となる。なんとなくこれまでのプリパラの歴史を表現しているのかなと思った。最初は二人だけのライブだったが、今ではこうして輪を描けるぐらいの友達がらぁらには増えた。やはりプリパラとはそういう場所なのだろう。

ライブによってプリパラが元に戻っていく一方で、ひびきは謎の穴に飲み込まれてしまい大ピンチに陥っていた。めが兄ぃによればプリパラが修復されたことによってセレパラの象徴とも言えるひびきが異物扱いされてしまい、排除の対象になってしまったということだ。ふわりとは和解し、一応はあじみに対する誤解もとけたのにシステムが容赦なさすぎる。

穴の入り口は完全に閉じてしまいイガイガムシと化してしまった。ここでひびきを助けられないなんてことはらぁらの望むプリパラにはあってはならない。決意の「かしこまと」共にひびき奪還作戦を開始するのだった。

次回、第88話「キセキの鐘をならせ!」

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)