【感想記】プリパラ 第79話 「アイドル終了ぷり」

『プリパラ』感想まとめ

「みれぃ」でなくなる日

何故かライブのエントリーができなくなってしまったらぁら達。そんな一同を尻目にそふぃは単独ライブを行い、さらにはゴールドエアリーを出す。みれぃはそふぃと同じチームなだけに普段から自分との差を痛感していたのだろう。これまでのこともあってついには「努力なんて無駄」と自身の信念まで否定しはじめてしまう。そんな悲しいことは言わないでほしい。

らぁら達がライブができなくなったのは、ひびきの意向でトップランクのアイドルのみライブ可能になっていたからだった。この横暴にらぁらとみれぃはひびきに直談判をするも当然ながら聞く耳を持ってもらえない。勢いで行動するらぁらに論理を付け加えるのが普段のみれぃの役割なわけだが、憔悴している今のみれぃにはそんな余裕はなく、おまけに語尾の「ぷり」さえ消失する始末。

そんな中、ひびきが海外から招待したピヨンセの来日が延期になってしまったため、まさかのめが姉ぇによるライブが敢行された。曲名は「ヴァーチャデリアイドル♥」。謎の展開なのにめが姉ぇのスタイルが意外と良くて曲も良いのがムカつく。

ライブ後、めが姉ぇの口からスプリングドリームパレードコーデは無条件でセレパラ歌劇団へ譲渡されることが発表される。それに納得してしまう人もいる一方で、らぁら達と親しいアイドルからはついに不満が溢れ出すことに。そふぃとシオンもさすがにひびき説得に協力してくれることになったのだが、その際にみれぃはそふぃから差し伸べられた手を振りほどいてしまう。こればかりはタイミングが悪いとしか言いようが無い。そふぃは何も悪くないとわかっているだけに、みれぃ本人がこのときは一番辛かっただろう。

己の信念である「努力」が信じられなくなってしまったことや仲間であるはずのそふぃに取ってしまった自身の行動に耐えきれず、ついにみれぃはアイドルを辞めると言い残してプリパラから去ってしまった。

登場人物の中で最もプリパラを愛し、アイドルであることに真剣に向き合ってきたのが南みれぃという存在である。それだけに今回の一件は彼女にとっては重すぎたのだろう。とはいえあまりにも残酷な展開である。『プリパラ』というアニメが甘くは無いということを改めて思い知らされた。

次回、第80話「ポップ・ステップ・ガァルル!」

神回でしかない。

0

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)