【感想記】プリパラ 第73話 「彼女がデビューする日」

『プリパラ』感想まとめ

彼が彼女でアイツがアレで

とうとう怪盗ジーニアス=紫京院ひびきであることを突き止めたらぁら達。彼が使っている裏口で待ち伏せをする一同だったが、ひびきは何故かプリズムストーンから正当な方法でプリパラへ入場する。めが兄ぃはこれをシステムの変更によるものと推測するが、実際には男性がプリパラへ入れるような変更は無かったとのこと。

ライブをするべく悠然とステージに立ったひびきは、なんと自ら怪盗ジーニアスの正体が自分であると観客に告白する。それだけならまだしも、さらに自らの性別が女であることも盛大に暴露。普通ならここでパニックが起きそうなものだが、熱狂した観客はそんなことは置いておいて早くひびきのライブが見たくて堪らない様子。善悪を超越してただ求められるのは彼女の持つカリスマ性の成す技なのかもしれない。

「あ、ちなみに僕は女です」

曲名は「純・アモーレ・愛」。当時このライブを見たときにこのキャラが女性で、さらに声優までも女性であることに驚愕した覚えがある。『アイドルタイムプリパラ』を経た今ではネタ曲としての要素も強い曲になったが、やはり圧巻のライブであるし、実写ライブでは斎賀さんの歌唱力と麗しさもあって非常に盛り上がる楽曲だ。

そして恐れていたことが起きた。ひびきとそふぃの天才勢がこのライブに共鳴し始めたのである。二人はひびきのライブに圧倒されながらも、どこかで興奮を覚えているようにも見えた。嫌な胸騒ぎがする。

ライブを終えたひびきは語尾使いのみれぃとあじみを隔離した後、らぁら達に対して「どちらがよりプリパラを愛しているか」を証明するための勝負を持ちかける。怪盗ジーニアスとなってドリチケをかき集めたのは全てこの時の交渉材料にするためだった。

ひびきが求めているのは言わば純粋な実力主義のプリパラである。だからこそセインツのような神アイドルが誕生することを願うも、そうならない今のプリパラに憂いを抱いている。一方でらぁらは神アイドルが存在しなかろうがそれに向かって誰しもがアイドルになれる今のプリパラを愛している。互いにプリパラを愛する気持ちは同じだが、決定的に方向性が違っているわけである。ひびきの一連の行動は褒められたものではないが、それがプリパラを愛するがゆえの行動と思うと一概に非難もできない気がしてくる。

最終的には場を収めるべくひびきに指名されたアイドル検事兼弁護士となったみれぃによってドリチケは無事にらぁら達の手元に戻ったが、それと同時にひびきとの勝負も受けて立つことになった。ここで最終的に勝負を受けたのがみれぃということが後に様々な影響を及ぼしていく。

極めつけはひびきのアンコールライブをバックにした特殊EDである。後にも先にもひとつの回で同じライブが二回も演じられたことはあっただろうか。意外とありそうな気もするが、やはりこの回はそういった点も含めて紫京院ひびきの圧倒的なカリスマ性を感じずにはいられないし、『プリパラ』はそういった演出が上手いと感じる。

次回、第74話「紫京院ひびきの華麗なる日常」

そして次はレオナが毒牙にかかる模様。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)