【感想記】プリパラ 第62話 「シオンVSひびき」

『プリパラ』感想まとめ

荒武礼打

シオンの元へひびきから手紙が届いた。普通に読めばラブレターなのだがシオンはそれを果たし状だと勘違い。かくしてシオンの自宅にて謎のガチンコバトルが始まってしまった。愛だの恋だのに疎いシオンだが、それこそが彼女の魅力に思う。

冒頭からシオンは緊張感を失い気味の自分自身に対して疑問を持っており、ひびきとの対決や投げかけられる言葉によってそれが顕著になった様子が見て取れる。ひびきが言っていた「君が忘れたもの」とは野心とでも呼べるものだろう。シオンが原点回帰すること自体は悪いことではないだろうが、それがひびきの狙い通りであることには不安を感じてしまう。

ひびきの言葉に触発されたシオンはなんと初のソロライブを決行。曲名は「絶対生命final show女」。初めてこのライブを見たときにその格好良さに衝撃を受けた覚えがある。余談だがこのライブ前に結局応援してしまうドロシーが好きだ。

シオンのソロライブを見て、そふぃが珍しく真剣な顔をしていた。同じ天性の才能を持つ者として何か感じ入るところがあるのだろうか。ひびきの思想についても二人には共感できる部分があるのかもしれない。

次回、第63話「トモチケは世界を救う」

日テレに怒られなかったのだろうか。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)