【感想記】プリパラ 第53話 「み~んなプリパラ禁止命令」

         

もう終わりだぁ!

『プリパラ』感想まとめ

らぁらが目を覚ますと、突如としてプリパラ禁止法案可決のニュースが。政府が無能すぎる。

道端にいたドロシーと一緒にプリパラへ行くと、そこは廃墟と化していた。ショックで泣き出してしまうドロシー。普段は毒舌極まりないキャラだが、中身は他の女の子と同じくプリパラが大好きなことが見て取れる良いシーンだ。

実はプリパラ禁止法案なんてものはなく、らぁらのデビュー一周年を祝うためのサプライズだったというオチ。ドロシーはレオナの話をちゃんと聞いていなかったのに加え、当日は寝坊していたためサプライズに巻き込まれてしまったとのこと。相変わらずネタ的においしいキャラである。

ライブはコスモによる新たなサイリウムコーデも用意されるなどの特別仕様に。一周年というだけでここまで盛大にやってくれるのは主人公特権なのか、それともプリパラはいつもこんなことをしてくれているのか。

場面は切り替わり、あろまはふわりを観察して何やら悪いことを考えている様子。ふわりの登場以降、アロマゲドンは完全に影が薄くなっているのでそろそろ活躍してほしいところだ。

次回、第54話「あくまのミュージアムクマ!」

あろまがふわりをチームに加えるべく何かをしでかすようだ。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)