【感想記】プリパラ 第51話 「プリンス様と不幸せの青い鳥」

『プリパラ』感想まとめ

ふわりとトリコ

例のプリンス様がパプリカ学園に転入してきた。名前は紫京院ひびき(CV:斎賀みつき)というらしい。さらに会長の孫ということで学園長代理にも就任。いきなりやりたい放題だ。

一方のふわりはひびきに無視されたことでショックを受けて何故か穴掘りを始める始末(無視されたのは結局勘違いだった)。『プリパラ』において恋愛のことで落ち込む女の子というのはとても珍しく感じてしまう。

ふわりの話によると、ひびきとはパルプスで運命の出会いを果たし、そこでプリンセス候補として勧誘されたとのこと。ひびきの言う「最高のプリンセス」とはプリパラにおいて生まれるものらしく、また何故か語尾が無いことも大切らしい。ちなみにそれを聞いたみれぃは非常に不満そうだった。

誤解だったと知って元気になったふわりはプリパラへ赴くが、まだコーデはできていないのでライブはできないとのこと。そこでマネージャーを探すことになったのだが、ふわりは「不幸せの青い鳥」と呼ばれて孤立していたトリコ(CV:愛河里花子)というマスコットが気にかかるようだ。どうやら不幸を呼ぶ体質というのは本当らしく、ふわりもトリコを追いかける途中で雷やらタライやらに打たれたりするのだがそれも意に介さない様子。いつも動物に囲まれて生きてきた彼女としては放っておけなかったのだろう。

こうしてふわりにはマネージャーが付くことになり、トリコには初めての友達ができた。ふわりの大自然のような懐の深さが見てとれるシーンだった。

次回、第52話「ふわり舞う!初ライブトリ!」

色々あったがいよいよ初ライブ。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)