【感想記】プリパラ 第43話 「ドリームシアター一番乗り!クマ!」

『プリパラ』感想まとめ

結束の力

ドリームシアター完成を記念したとして「アイドルだらけの大うんどう会」が行われることになった。ここで優勝したチームは特例として5人ではなくともライブが可能になるらしい。いまだ解散状態のそらみスマイルとドレッシングパフェは、この機会に乗じて強引にチーム再結成を目指すことに。もはや呪いでクマやウサギがツルッパゲになろうが関係なしだ。

うんどう会は前半こそみかんが冗談じみた身体能力と食欲でぶっちぎったものの、後半からはドレッシングパフェのポテンシャルの高さやそふぃの謎の柔軟性もあって接戦に。決着は最終種目の二人三脚(三人四脚)に委ねられることとなった。

しかしここでそふぃの体力が完全に尽きてしまい、早くもそらみスマイルはピンチに陥ってしまった。しかしらぁらもみれぃもそれを責めるようなことはせず、むしろ励まし合ってゴールを目指すことに。前回の騒動を乗り越えてチームの結束がより高まっているように感じる。

また奸計に長けるあろまも同じく体力の無さが弱点らしく、ここでアロマゲドンは完全脱落となった。いつもの小悪魔ぶりは見る影もない。

独走状態にあったドレッシングパフェだが、強いチームワークが求められるこの競技においては(ドロシーの)我の強さを最後まで隠し通すことは難しく、ゴール手前で盛大に転倒。個性の強さが完全に仇になってしまった。

優勝は最後まで諦めずに歩を進めていたそらみスマイルとなった。やったことはただの三人四脚ではあったが、各チームのカラーが如実に現れた象徴的な戦いだったように思う。

そんなわけで無事にチーム再結成となり、ひさしぶりの三人ライブとなった。曲は『ドリームパレード』。ドリームシアターでのライブは360℃のステージが特徴的だ。特にサイリウムチェンジ後は圧巻。

今回ではドレッシングパフェの弱点が露呈される形にもなってしまったわけだが、そこを狙うかのようにアロマゲドンの次なるターゲットはシオンとなった。わりと簡単にチームが崩壊しそうで不安。

次回、第44話「イゴ、さらばウサ!?」

レオナでも制御できない模様。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)