【感想記】プリパラ 第42話 「プラジルから来た男」

『プリパラ』感想まとめ

桃の実・サクランボ・Red-Flash!

パプリカ学園に不審者と思われる男がやってきたが、なんとそれはそふぃの父親(CV:稲田徹)だった。普段は世界を旅する冒険家ということらしいが、帰国した理由は海外に「伝説のパワフルうめ~ぼし」の農園を作ったので娘を引き取りにきたということらしい。そふぃとしても父親が大好きなのでどうすればいいか迷ってしまう。

そこに付け込んできたのがアロマゲドンだった。例によって二人がかりで揺さぶりをかけるも、一言二言だけで去っていったので今回は割と良心的だった。そもそもそふぃはあまり聞いてもいなかった気がする。

らぁらとみれぃは「父親と海外に行きたいなら引き止めない」と告げるも、それに対してそふぃは「プリパラでらぁらやみれぃと一緒に頑張りたい」と答えを出す。今回はそふぃの成長がテーマなわけだが、このシーンはそれを感じさせる最たる場面だろう。個人的にも強く印象に残っているシーンだ。

一夜明け、突如としてそふぃはソロライブを行おうとしていた。曲名は『太陽のflare sherbet -サクラシャワーver.-』。アレンジ前の曲と比べると全体的に春をイメージした歌詞に変化している。そふぃの成長を芽吹く花に見立てているのかもしれない。

そふぃがライブをした理由は父にあった。実はこの前日に梅農園が実は桜農園だったことが発覚し、ライブは絶望した父親を元気づけるためだったわけだ。父親は気の毒だったが、とはいえこれにてそふぃの海外行きの話は無くなったし、アロマゲドンの計画は今回も失敗に終わった。めでたしめでたし。

次回、第43話「ドリームシアター一番乗り!クマ!」

ついにドリームシアターが完成。初ライブを担うのは誰だ。

1+


1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)