【感想記】プリパラ 第40話 「天使と悪魔ねこぉ~ん」

じぇるーん

『プリパラ』感想まとめ

天使と悪魔

そらみスマイルの三人は再結成のためにチーム結成式を行うも、めが姉ぇからは立会人がいないと認められないと言われてしまう。ドレッシングパフェも同じ状況らしく、一同はクマとウサギを探しに行くことに。

しかしその頃、クマもウサギも既にあろまとみかんのチーム・アロマゲドンの魔の手に堕ちてしまっているのだった。アロマゲドンとしてはらぁら・ドロシー・シオンの三人を加えたドリームチームを作りたいらしく、そうなると再結成されては困るというわけだ。あろまの構想の中でドロシーが悪魔側なのが的確だ。

アロマゲドンのマネージャー・ネコ(CV:今野宏美)の嘘を真に受けて、結成式から逃げ出してしまうクマとウサギ。それを追いかける最中にらぁらはアロマゲドンの待つ部屋へ誘導され、天使と悪魔の囁きに揺さぶられてしまう。とはいえらぁらがそんな誘惑に負けるわけもなければ理由もないので事なきを得た。

らぁらの勧誘には失敗したものの、今度は「我らの実力を見よ」と言わんばかりにデビューライブへと臨むあろまげどん。その言動とは裏腹に実力は確かなもので、その存在を印象づける強烈なデビューとなった。

ライブ後にらぁらの方に意味深な視線を向ける二人。ひとまずシーズン2は彼女らの勧誘作戦が波乱を巻き起こしていきそうだ。

次回、第41話「のろわれたソロライブぷり!」

この回好き。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)