【感想記】キラッとプリ☆チャン 第96話「ドキワク! もうすぐジュエルコレクション! だよん!」

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

それぞれの前夜祭

ジュエルコレクションを明日に控え、一同はそれぞれが思い思いの過ごし方をしていた。

まず印象的だったのは、あんながジュエルコレクションを「思いっきり楽しんでくる」と言っていたことだ。以前なら優勝を目指すべく強い言葉を放ちそうなところである。これはえもの考え方に影響を受けたことが大きそうだ。

りんかは自身が優勝することよりも、敗北する残りの9人の心配をしているところに性格が出ていた。デビュー時も兄に負い目を感じていたあたり、りんかは肝心な場面で他人を優先させてしまうところがあるようだ。結果的にはマジカルレーンの言葉で吹っ切れた。それはさておき、りんかの真面目なシーンをひさしぶりに見た気がする。

まりあ宅には第九原一族が襲来。やはりゆかりちゃんは孫娘だったようだ。この会合はほんわか&よくわからない感じで終わった。

全体的に清々しい心持ちでジュエルコレクションを迎えられそうだったが、だいあだけはそうならなかったようだ。またも虹ノ咲さんとみらいのランデブーを見せつけられたからである。これがジュエルコレクション本番に影響しなければいいが。むしろしないとは思えない。

次回、第97話「ついに開幕!  ジュエルコレクション! だよん!」

1


1件のコメント

  1. カレンさんの的確な大人のアドバイスに痺れちゃった。
    あとはめるめるのシーンも好きだなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)