【感想記】キラッとプリ☆チャン 第77話「ナゾのアイドル ついにデビュー! だもん!」

 『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

その言葉が聞きたかった

前回で虹ノ咲さんのデビューが示唆されたが、さっそくそれが実現しようとしていた。キラ宿では既にだいあが謎のアイドルデビューの報を流しており、虹ノ咲さんは早くも逃げられない状態に。やることがえげつない。

みらい達も新人アイドルのデビューを応援した番組を配信し、ここぞとばかりに盛り上げにかかる。当然ながら悪気はないのだろうが、虹ノ咲さんからしたらありがた迷惑かもしれない。

なかなか勇気を出せない虹ノ咲さんではあったが、今までのみらい達との時間は想像以上にプリ☆チャンへの憧れを強めていたらしい。いまだに色々と隠し事をしているのを後ろめたく思いつつも、ついに「プリチャンアイドルになりたい」という本音を吐露する。

ここでも印象的だったのはだいあの溢れんばかりの優しさだった。虹ノ咲さんの背中を押していたのは彼女だが、かといってアフターフォローも忘れないその姿勢はまるで女神のようだ。

「だいあ」デビュー

そしてついにだいあのデビューとなった。曲名は『フレンドパスワード』

見た目的にはだいあがライブをしているわけだが、歌唱を務めるのは虹ノ咲さんという仕組みになっている。最初に聞いたときは「だいあにしては声が凛々しすぎないか」と思ったが、虹ノ咲さんが歌っていると思えばそれなりに納得できる気はする。

色々とややこしい感じはするが、現状ではこれが彼女たちなりの最善なのだろう。ただいずれは虹ノ咲さんが舞台に立つのを見たいところだ。

次回、第78話「キラ宿大騒動!? フェニックス仮面あらわる?だもん!」

なにやってんだこいつ。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)