【感想記】キラッとプリ☆チャン 第70話「夏のだいあフェス! ヒットパレードで熱いんだもん!」

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

早くも第二回のだいあフェスが開催されることになった。前回とは違い5人のアイドルが出場することになり会場は賑わいを見せる。その裏では、司会のだいあと会話する虹ノ咲さんの姿があった。

虹ノ咲とだいあ

今回は出場の5人がそれぞれのライブを行うという振り返り的な回なので大きな進展は無いが、その代わりに気になるところが散見された。

まずキラッツの中で出遅れているえもは新曲の制作に取り掛かっているらしい。えもが近い内にジュエルアイドルの仲間入りとなる伏線だろうか。なんだかんだで腐らずに仲間の応援をしたり曲を作ったりするえもちゃんが最近はすごく健気に思えてきた。

また同一人物説が囁かれていた虹ノ咲さんとだいあだが、フェスの裏で普通に会話するシーンが幾度も登場した。また「“だいあ”って名前が好きじゃない」と言っていたのでいがみ合っているのかと思いきや、普通に仲よさげだった。謎は深まるばかり。

印象としてはだいあは虹ノ咲さんの意見を否定せず、尊重するような感じに見えたので、もしかすると彼女のオルター・エゴのような存在なのかもしれない。虹ノ咲さんのアイドルデビューについても鍵を握るのはだいあとなりそうだ。

ちなみにフェスの結果はまりあとすずのダブル優勝となった。知ってた。

次回、第71話「歌え えもちゃん! なんとかなるなる!だもん」

やはりえも回となる模様。すんなりとジュエルアイドルになれるのだろうか。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)