【感想記】キラッとプリ☆チャン 第69話「発車オーライ! ミラクル☆キラッツ一日駅長だもん!」

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

キラ京駅の一日駅長に任命されたミラクルキラッツ。しかし駅はすでにディアクラウンに駅ジャックされており、キラッツは完全アウェー状態になってしまうのだった。

都会の駅は迷宮

キラ京駅にプリズムストーンがある関係でキラッツが一日駅長を任されることになった。その名も「『ミラクルキラッツの一日駅長で話題を集めプリズムストーンキラ京駅店をドーン!と盛り上げちゃおう』プロジェクト」。しかし肝心のキラ京駅はディアクラウンに完全にジャックされた状態になっていた。やることがエグいというか狡猾というか。

キラ京駅店はテツ姉ぇ(CV:大原さやか)が支店長を務めるのだが、今回のプロフェクトの成否によってはクビになってしまうらしい。運が悪すぎる。

そのためキラッツにも気合が入るが、やることと言えば迷子や外国人の道案内やうなぎの救済ぐらいでいまいち駅長として仕事をした実感が沸かない。しかし結果的には彼女たちが助けた人たちをきっかけにSNSでバズリ、プロジェクトは大成功を収めた。今回はキラッツの三人が互いを補い合っているシーンが要所で見られてほんわかした。

この成功のお礼としてミラクルキラッツがデザインされた特別列車を貸し切り乗車させてもらえることになった。どこもかしこもピンク色で目が痛い。駅側としてはかなりの大盤振る舞いに見えるが、本人たちに先行乗車してもらって配信してもらえれば宣伝になるので元は取れるということだろうか。つい大人の事情を考えてしまう。

次回、第70話「夏のだいあフェス! ヒットパレードで熱いんだもん!」

またもや開催、だいあフェス。ただ前回と比較すればまりあとすずが増えたわけなので賑やかになりそうだ。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)