【感想記】キラッとプリ☆チャン 第67話「まりあとすず!ついにグループ結成!? だもん!」

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

すずがプリチャンデビューしたことで、まりあはいよいよすずとのチーム結成を実現しようと試みていた。勧誘を続けるまりあだったが、かわいいに対していまだに抵抗のあるすずに断られてしまう。

かわいい×かっこいい=?

それなりに打ち解けたように見えたまりあとすずだったが、やはりすずとしては「かわいい」を全面に押し出すことに抵抗があるらしくチーム結成を決めかねている様子。なる店長としては個性的なふたりだからこそ良いチームになるという考えを持っているようだが、すずはいまいち踏み出せないようだ。まりあがかわいい魔神すぎて不安になるのもわからんではない。

その後、虹ノ咲さんがきっかけでうさカフェ(3倍)へ行くことになったまりあとすずだが、例によってまりあは暴走してしまい上手く噛み合わない。まりあもそれは自覚しているようだが、すずの前だと歯止めが効かなくなってしまうらしい。愛ゆえに。

こういうときに頼りになるのが虹ノ咲さんである。虹ノ咲さんもなる店長と同様に「性格の違う二人のチームだからこそ見てみたい」という考えを持っており、そのためには話し合いが必要だと提案する。結果的にはこれがきっかけとなり、二人があらためて向き合うことになった。さすがだいあちゃん。

このままチーム結成になるかという流れになりかけたが、すずが自らの可愛さに耐えきれずにご破算となってしまった。想像以上に壁は高く厚いようだ。

とりあえず今はまりあが押し過ぎな感じがあるので、もう少しすずの主張を聞く余裕もあるといいのかもしれない。互いが違う方向性だからこそ、互いをリスペクトすることがチーム結成には必要なのだろう。

次回、第68話「さよなら、すず まりあ笑顔のお別れ! だもん!」

結成間近から急転して不穏なタイトルに。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)