【感想記】キラッとプリ☆チャン 第64話「だいあフェス! いよいよカラッとはじまるんだもん!」

なるハピなる

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

だいあより「だいあフェス」の開催が宣言された。ジュエルアイドルのみが参加できるイベントということだが、不慮の事態によりりんかは不参加となってしまう。必然的にみらいとめるの一騎打ちとなった。

幸せなる

「だいあフェス」が開催されたわけだが、りんかが母親に間違われるという恒例のパターンによって不参加を余儀なくされた。「やってみなくちゃわからない」の精神でオペもこなそうとしたが、さすがにこの世界でもそれはアウトだった。とはいえこれでキラッツ代表・みらいとメルティック代表・めるという構図が出来上がったわけなので、わかりやすくなったとも言える。

めるとの対決に向けてレッスンに励むみらいだったが、そんな彼女のもとを訪れたのは前回に引き続いて登場の幸瀬なるだった。やはりこうして見るとかなり幼く見えるが、かつては人気プリ☆チャンアイドルだったことが後に判明するので、年齢的にはあいらと同じぐらいなのだろう。

肝心の「だいあフェス」だが勝者はみらいとなった。ここ最近の回はめる無双だったわけなので、彼女の敗北展開は新鮮に感じた。また今回のイベントはすずの心境にも変化を与えたようだ。ダンスのみにこだわってきた彼女だったが、本格的にアイドルとしての道へ進みつつあるのかもしれない。

イベント後はなるを含めていよいよ一堂に会したわけだが、予期していた店長同士の抗争が勃発(めが姉ぇが一方的に敵視しているだけだが)。現実の空間で絡んでいるなるとめが姉ぇを見るのは、RLとは別作品と理解していても不思議な感じがした。

今回を視聴して、なるの普通の女の子っぽさはやはり良いとあらためて感じた。今作においても頻繁に登場してほしいと思うし、当然ながらライブにも期待したい。

次回、第65話「すずがカッコよくきめてみた! だもん!」

すずの単独ライブが濃厚だろうか。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)