【感想記】キラッとプリ☆チャン 第59話「絵本がいっぱい! おしゃれブックカフェはじめました だもん!」

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

突如としてめが姉ぇがとある本屋の店主を連れてきた。彼女たちの話によれば、客足が遠のいている本屋を盛り上げてほしいとのことだった。キラッツの三人はアイデアを出し合うがいまいち良い案が浮かび上がらない。その膠着状態を救ったのは意外にも虹ノ咲さんだった。

本屋を救え

閑古鳥が鳴いている本屋さんを救済するお話。店主として平 成子(CV:新井里美)昭 和子(CV:新井里美)が登場した。名前から中の人まで色々とおかしい。

本屋の救済案を出す上で大活躍したのは意外にも虹ノ咲さんだった。内気な彼女は本屋も好きらしく、それだけに良さげな提案をしまくってくれた。こんな感じでキラッツとの関わりがもっと増えていけばいいなと思う。

キラリ覚醒りんか

前回の一日店長以降、りんかは子どもたちからお姉さん的に慕われるようになったようだ。今回の企画も彼女が主導となることが多かったように思う。結果的にそれが功を奏したのか、無事にジュエルコーデを獲得するに至った。やはり基本的には二回のジュエルチャンスを得ることでコーデを獲得できるようだ。

これで順番的に次はえもの新曲&コーデ獲得という流れだろうか。あまりコーデ獲得までに時間がかかってしまうとえもの弱メンタルが再発動しそうで不安である。

次回、第60話「ステキに楽しく! デザインパレットだもん!」

みらいがデザインパレットという超絶レアアイテムをあいらから譲り受けたらしい。デザイナー適正のあるみらいがどう使いこなすかが楽しみだ。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)