【感想記】キラッとプリ☆チャン 第56話「まりあが宣言! かわいいは世界を救うんだもん!」

 聖母

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

配信中のまりあに捕まり、えもは彼女を手伝うことになってしまった。まりあはピアノのコンクールから抜け出してきた女の子・ゆかりちゃんを元気づける配信を行う。なんでも「かわいい」で解決しようとするまりあに振り回されるえもだったが、次第に元気を取り戻すゆかりちゃんを見て考えを改めはじめるのだった。

すべての道は「かわいい」に通ずる

今回はここ最近で猛威を奮っている金森まりあが主役。彼女の家族も初登場したわけだが、その性格を反映するかのような濃い家族であった。やはり『プリ☆チャン』に登場する親父にまともなのはいないようだ。

例によってすずに躱されたまりあは、暇そうだったえもを誘って配信をすることに。またゲストとして第九原ゆかり(CV:相良茉優)ちゃんが登場した。いつもどおりに「かわいい」を連発する異様な配信風景ではあったが、同時に「かわいい」なら本当に世界を救えるかもしれないと思わせるほどに勢いのある内容だった。まりあなりに確固たる信念を持ってプリ☆チャンをやっていることが感じ取れて好感が持てた。

また終始主導権を握られていたえもだったが、こういう苦労人的な立場でも面白いのは彼女の魅力なのかなとなんとなく思った。信条とするものが「えもい」と「かわいい」ということで意外と相性も良かったのかもしれない。中の人的にもこの組み合わせには親和性を感じざるにはいられない。

次回、第57話「まりあちゃん!すずちゃん!2人で初めての番組だもん!」

いよいよディアクラウン勢がデュエットを組む模様。なかなか熱い回になりそうだ。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)