【感想記】キラッとプリ☆チャン 第54話「ジュエルチャンス? みらいがチャレンジだもん!」

これがクレイジーサイコレズですか。

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

落ちていたジュエルパクトはクラスメイトの虹ノ咲さんのものだった。届けることをきっかけに仲良くなろうとするみらいだったが、極度の恥ずかしがりの彼女とはなかなか打ち解けることができない。そんななか、みらいは彼女のカバンにキラッチュの羊毛フェルトがついていることに気がつく。

虹の彼方に

今回は例の前髪ぱっつん少女にみらいが本格介入。そのなかで彼女のフルネームが虹ノ咲だいあであるということが判明した。えもも指摘していたとおり、最近話題のバーチャルプリ☆チャンアイドルのだいあと同じ名前とのこと。凄い偶然ってあるもんですね。

虹ノ咲さんは羊毛フェルトが得意らしく、鞄に付いているキラッチュも自作とのこと。ちょうどネタに困っていたキラッツはさっそく羊毛フェルトづくりを配信することに。ただ虹ノ咲さんのサポートもあったからか意外とまともな内容になっていたように思う。不覚にも自分も羊毛フェルト作成をやってみたくなってしまった。

ジュエルチャンス、スタートだもん!

今回のライブより「ジュエルチャンス」が初めて発動した。またもみらい単独のライブとなったのはだいあ側の意向がありそうに思えてならない。構成としては一期でいう「キラッとルーレット」と同じような感じだった。ただジュエルチャンスが発動したからといってオーディション合格となるわけでもないらしく、現状ではいろいろと謎が多い。

謎が多いと言えば虹ノ咲さんもだが、今回の終盤でかなりのみらい狂信者であることが判明した。みらいのファンであることはなんとなく伝わってきていたが、ここまでのレベルとは思っていなかったので戦慄した。二期は要所でぶっ飛んでいるところが多くてかなり楽しめそうだ。

次回、第55話「キラッとときめき! これがジュエルコーデだもん!」

プリズムストーンとディアクラウンの全面戦争となる模様。いまだに謎の多いジュエルコレクションについても少しは判明していくだろうか。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)