【感想記】キラッとプリ☆チャン 第51話「キラッとお別れ、やってみた!」


さらばメルティックスター、さらばプリ☆チャン一期。

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

スペシャル大会が終わり、いつもの日常へと戻るキラッツたち。一方でメルティックスターはさらなる進化の必要性を感じ、次なる行動を起こそうとしていた。

変わりゆくそれぞれ

一連の出来事で実力不足を感じたメルティックスターは、さらなる進化を求めて海外へ旅立つことになった。予告ではあいらとアンジュのふたりのことだと思っていたので少しショックである。二期で新キャラが登場するとはいえ、可能なら彼女たちも含めた展開であってほしかったところだ。こればかりは仕方のないことだが。

変化したのはメルティックスターだけではない。アンジュは何を思ったのかその辺の公園で路上ライブしていた。様々なしがらみから解放されて自由に行動できるようになったというところか。

また以前からビジュアルが公開されていたバーチャルプリ☆チャンアイドル・だいあ(CV:佐々木李子)が本編に初登場。二期からは彼女を中心としてストーリーが展開していくのだろう。

今回は二期への橋渡しの回ということで、キラ宿の様々な変化を垣間見ることになった。少し寂しさを感じるところもあるが、次回以降が楽しみにもなってきた。

不滅のメルティックスター

早々に旅立つということでメルティックスターの壮行会が開かれることになった。別れの際にあんなとえもの二人は少しだけ素直になることができたようだ。良かった良かった。

この三人が退場するのはハリがなくなって寂しいが、当然ながら完全にいなくなるわけではない。新キャラ登場の激動が落ち着く頃にパワーアップして帰ってくることを期待して待ちたい。

次回、第52話「ドキドキ! わくわく! ジュエルオーディション開幕だもん!」

いよいよ二期突入となる。プリズムストーンは隣にオープンした「ディアクラウン」の人気に押されて閑古鳥となっているらしい。新キャラたちもさっそく登場ということでワクワクが止まらない。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)