【感想記】キラッとプリ☆チャン 第47話「「わからない」からやってみた!」

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

アンジュ引退の報を受け、デザイナーズセブンは白鳥アンジュの後継を探すために「ネクスト・プリンセス・スペシャル大会」の開催を告知する。またとない機会に多くのプリ☆チャンアイドルがやる気を見せるなか、キラッツの三人だけは参加するかどうかを決めかねていた。

それぞれの思い渦巻くスペシャル大会

アンジュが明確な引退の意思を見せたことを契機に、デザイナーズセブンは次なるスペシャル大会の開催を画策していた。この大会は未来の「白鳥アンジュ」を発掘するためのものらしい。ただしカレンだけはこの大会に対して消極的な態度を見せる。スマイルハンターの彼女としては、このドタバタ騒動に混乱している人がいることに疑問を感じているのだろう。

メルティックスターは前回と同じくアンジュ引退に対しては達観した態度を持っており、この大会に対して積極的な様子。無事に選考を通過して参加する権利を入手した。

参加に必要な「ウレチケ」

一方でいまだにキラッツは自分たちの態度を決めかねていた。一応の思いは伝えたし、答えも貰った。しかしそれで納得できるというわけでもないのだろう。いつもは冷静なりんかが困り果てて涙を流すあたり、今回の件が彼女たちにとってどれほどの衝撃なのかを推し量ることができる。

この状況を救ったのがマジカルレーンだった。彼女の助言をざっくり言うなら「アンジュの心を動かすには、アンジュと同レベルのアイドルにならないといけない」ということらしい。現実的にはかなり厳しい内容だとは思うが、今回に関してはそれがみらいの心に火をつけたようだ。やはりこういう状況で活路を見出すのはみらいだと再認識させられる。

無事に予選も通過して大会出場となった。しかしアンジュに追いつくというのはかなり厳しい気がするがどのように展開していくのだろうか。

次回、第48話「決着 つけてみましたわ!」

キラッツとメルティックの直接対決で決着をつけるらしい。しかし今の状況で必要なのは2チームの優劣をつけることなのだろうか。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)