【感想記】キラッとプリ☆チャン 第42話「りんか?がりんかやってみた!?」

青葉りんか(青葉ジュンコ(17))

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

夜勤から帰宅したりんかのママは、りんかがプリキャスを忘れていることに気がつく。届けようと配信現場に向かったママだったが、みらいとえもにりんか本人と勘違いされ、プリ☆チャンに出演することになってしまう。

青葉ジュンコさんじゅうななさい

主要キャラの家族で唯一の未登場だったりんかのママ・青葉ジュンコ(CV:井上喜久子)が登場。いままで登場していなかったのは病院勤務で夜勤が多かったということのようだ。今回は夜勤から帰ってきたママがりんかのプリキャスを発見したところで一連の騒動が始まる。

見てもらえればわかりとおり、りんかは母親と瓜二つというレベルではないぐらいに似ている。入れ違いで先に配信現場に到着したママはりんか本人だと勘違いされてしまい、そのままプリ☆チャンに出演することになってしまった。無茶苦茶な展開の多いアニメではあるが、こればかりは間違えても仕方がないような気もする。

肝心の配信については意外と上手くまとまっていた。ノリが全体的におばさん臭いところはあったものの、大らかで自由なりんかママに振り回されるみらいとえもという構図は新鮮さがあったような気もする。カレー作りについても本来の想定だった「本格カレー」では無くなったものの、そこはさすがに母親ということで手際のよい調理を見せてくれた。たまにだったらこうして入れ替わっての配信もありかもしれない。

今回でいよいよキラッツの家族は出揃ったわけなので、互いの家が交流するような回も見てみたいような気がした。家族だけでも濃いキャラ揃いなので横のつながりがあっても面白そうだ。

第43話「チョコ作ってみた!」

ひかりとおしゃまトリックスがクラスメイトであるという衝撃の事実が発覚。バレンタイン回だがひかりメインになりそうなので楽しみ。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)