【感想記】キラッとプリ☆チャン 第39話「アンジュの島にいってみた!」

 二週間ぶりのプリ☆チャンだあ!

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

大会優勝のご褒美としてアンジュが所有する島へと招待されたミラクル☆キラッツとメルティックスター。そこにあいらも加わり、一同はバカンスを満喫する。しかしアンジュだけはときおり悲しげな表情を見せるのだった。

真冬のバカンス

常夏の島に来たということで季節はずれのバカンス回となった。また前回に引き続き、あいらも登場。念願の「ぎゃふん!」も披露してくれた。

今回はプリ☆チャン以外で絡む二組が見られたのが印象的だった。普段はライバルなわけだが、それを忘れて和気あいあいする日常回も見てみたい。

お前・・・消えるのか?

意外と恥ずかしがりな面があるなど新たな一面を見せてくれたアンジュだが、その言動の端々には不穏な点が散見された。無難に考えるなら、新たなアイドルの台頭に安心してプリ☆チャンから引退する、というような流れだろうが、それにしては悲しげな表情が目立ちすぎる。あいらに発した言葉もいったいなんだったのだろうか。

『レインボーライブ』のりんねや『プリパラ』におけるジュリィのように、存在そのものの消滅に対する覚悟をアンジュに見出してしまうのは自分だけだろうか。かつてない不穏な雰囲気に恐々とせざるをえない。

次回、第40話「さららの家に泊ってみた!」

そんなシリアスな雰囲気はさておき、次回はめるがさららの家にお泊りするお話。監督インタビューでめるとさらの絡みを増やすと書いてあったので、その先駆けという感じだろう。

3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)