【感想記】キラッとプリ☆チャン 第38話「あいらさんとやってみた!」

ぎゃふん

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

無事に決勝の舞台に立つことができたミラクル☆キラッツ。しかし今度はシステムの不具合でコーデチェンジができなくなるという災難に見舞われる。再び窮地に陥るキラッツをある女性の提案が救うことになる。

そんなあなたにプリティーリメイク

おしゃまトリックスの妨害を乗り越えて決勝に進んだキラッツだったが、今度はコーデチェンジができないという不運に見舞われる。どうやらメルティックスターのライブの反響が大きすぎてシステムがダウンしてしまったらしい。意外と脆弱なシステムなのか、それともそれだけメルティックがすごすぎたということなのか。

断固としてライブがしたいキラッツたちを救ったのはデザイナーズセブンの七星あいらだった。その権力を駆使して衣装が保管されている地下倉庫を案内してくれた。「やんちゃな子は~」や「プリティーリメイク」など懐かしい単語の連続で感慨深いものがあった。ドジっ子属性も相変わらずのようで何よりだ。

肝心の決勝戦はどちらも甲乙つけがたしということで、キラッツとメルティックの同時優勝となった。手作りコーデと主人公の補正でキラッツの優勝だと予想していたので意外と言えば意外だった。逆に考えると単純な実力ではメルティックがやはり上回っているということかもしれない。

ウィンタースペシャル終了ということでストーリー的にはひと区切りとなった。今後にありそうなのは6人ライブなどだろうか。今回であいらと主人公勢が初めて接触したということで、間接的にアンジュも深く関わってくるのかもしれない。

次回、第39話「アンジュの島にいってみた!」

真冬の水着回となりそうだ。しかし残念ながら来週は年末のため放送はお休み。

 

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)