【感想記】キラッとプリ☆チャン 第33話「さらちゃんがモフモフしてみた!」

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

さらはメルティックスターのイメージを壊さないために、自分が実は可愛いものが大好きということを周囲に隠していた。しかし可愛いもので溢れかえるというキュートフェスティバルの応援サポーターに選ばれてしまいピンチに。さらの異変にただひとり気がついたみらいは、可愛いものに動じないように特訓することを提案する。

さらは我慢できない

これまでもさらの可愛いもの好きは描写されていたが、その程度が想像以上に凄まじいということが明らかになった。頬が緩むというレベルではなく、破顔というレベルで表情が変わってしまうようだ。これはこれで良いとは思うが、メルティックスターの性格を重視するさらとしては不本意らしい。

この弱点を克服するべく立ち上がったのが地味にさらと関わる描写が多いみらいだった。さらの様子がおかしいことをいち早く見抜き、可愛いものを見ても平気になるように特訓することを提案した。なんだかんだでお互いに良き理解者となりつつある。

ただ特訓はそれほど意味はなく、結局はりんかが発案したおぞましいキャラクター・シルクちゃんをピンチのときに思い出すという方法で乗り越えていくことになった。りんかはスペックが高いわりに変なところで感覚がずれているのがおもしろい。

途中でおしゃまトリックスの邪魔も入ったりはしたが、みらいのサポートもあってキュートフェスティバル当日を無事に乗り越えることができた。もはや公式カップルみたいになってきた。

次回、34話「俺たち解散してみた!」

タイトルの勢いに笑ってしまったが、どうやらアローズという人気デュエットの話らしい。おそらく過去にユヅルと共にプリ☆チャン配信を行っていた二人だと思うのだがどのように展開していくのか。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)