【感想記】キラッとプリ☆チャン 第32話「気になるウワサ追ってみた!」

おとぉはん……。

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

キラ宿ではすれ違うと願いが叶うという「ホイップさん」という存在が都市伝説的な話題となっていた。興味を持ったミラクル☆キラッツは配信のネタにするべくホイップさんの足取りを追うことに。その最中で手がかりを知るというキラキラのお姉さんと再会する。なんでも彼女はホイップさんからある曲を貰ったというのだが……。

新曲にアテンションプリーズ

街で話題となっているホイップさんを追跡することになったミラクル☆キラッツ。すでにホイップさんと出会って意気投合していたキラキラのお姉さんは、彼が口笛で奏でていた曲を貰ったとのこと。この時点で気前の良い話だが、さらに気前の良いことにお姉さんはその曲をキラッツに譲ってくれることになった。なんて優しい大人たち。

さっそく三人は共同で曲を作ることに。思えば『SUPER CUTIE SUPER GIRL』はりんかが中心に作ったので、曲作りとしてはこれが初めての共同作業となる。肝心のホイップさんの曲については、プリキャスに向かってキラキラのお姉さんが口ずさむと自動的に曲として登録されていた。プリキャスのハイテクさはとどまるところを知らない。

かくして無事に新曲完成となり、まさかのライブお披露目となった。ホイップさん探しとは何だったのか……。曲名は『乙女アテンションプリーズ』。前曲は個人的には正当に良い曲という印象だったが、今回はキラッツが作中で気持ちを込めていたとおり、聞く人を元気にさせるような曲に仕上がっていると感じた。

そういうわけでサプライズ的に新曲発表となった。予告からはまったく想像できなかったので完全に驚かされました。ニクいことをしてくれる。

みらいの成長

また今回は我らが主人公・桃山みらいが実はメインの回だと感じた。みらいはホイップさんに叶えてほしい願いとして「ミラクル☆キラッツがもっともっとたくさんの”キラッと”を届けられますように」と言っていたが、あまり自己主張をしない彼女にしては珍しい言葉に感じた(抽象的ではあるが)。10話でさらに質問された段階ではみらいはプリ☆チャンを頑張った先にあるのものを見通せずにいたが、今回で初めてそれについての明確な言葉を聞けたように思う。

他にもメルティックスターの完成度を見ての不安を吐露したり、それゆえに三人で力を合わせる大切さをえもとりんかに伝えたりと、チームの中心としての役割を発揮しまくっていた。さっきも言ったが普段は自己主張をあまりしない彼女だが、それだけに想いを言葉で表現するときの彼女は最高に魅力的に映る。

次回、第33話「さらちゃんがモフモフしてみた!」

とうとうこの回が来てしまったか……。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)