【感想記】キラッとプリ☆チャン 第30話「おジャマハロウィンやってみた!」

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

プリズムストーンから「ビックリドッキリハロウィンスペシャル大会」の招待状が届く。ミラクル☆キラッツは怪しみながらも会場に向かうが、案の定そこにはオンボロのステージと二人の怪しい司会者がいるのだった。

おしゃまハロウィン

今回はハロウィン回ということで、ぴったりの存在である「おしゃまトリックス」が再登場。26話での復讐のために嘘の大会を開き、キラッツとメルティックの2チームをおびき出したようだ。個人的にはもっと登場機会を増やしてもらい、第三のチームとしての地位を確立してほしいところだ。

大会の内容は見るからに怪しいものだったが、例によって疑うことを知らないあんなに巻き込まれて一同はおしゃまトリックスの術中にハマってしまう。またまたあんなが起点となって展開した形だが、おかげでひさしぶりのペアライブや発狂するりんかなども見られたのでやはりありがたい存在だ。

結局はおしゃまトリックスの悪行もバレてしまい、本気を出したあんなによって撃退された。あんなに始まりあんなで終わった回だった。

オチも皮肉が効いた感じで綺麗に終わって良い回だったと思う。ドラえもんのような王道のオチだった。

挿入歌としておしゃまトリックスの二人が歌っていたが、ライブが実現する日も近いのかもしれない。

次回、31話「マンガの現場いってみた!」

次回は漫画がテーマとなる模様。“永辻まとん”というキャラクターが登場するらしいが、彼女は「ちゃお」にてコミカライズ版を連載中の辻永ひつじ氏がモデルとなっているらしい。登場する原稿も本人が執筆しているとのこと。

さらに「プリティーシリーズ」の最新作であるTVアニメ「キラッとプリ☆チャン」に、ゲストキャラクターとして人気マンガ家の“永辻まとん”が登場することも明らかに。まとんの作品として劇中に登場するマンガ原稿は、ちゃお(小学館)で「キラッとプリ☆チャン」のコミカライズ版を連載中の、辻永ひつじが執筆した。まとんは11月4日放送の第31話「マンガの現場いってみた!」に登場。みらいたちミラクル☆キラッツとまとんがどのような物語を繰り広げるかは、オンエアで確認しよう。

プリティーオールフレンズ×サンリオコラボ、「プリ☆チャン」には辻永ひつじ参加

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)