【感想記】キラッとプリ☆チャン 第27話「笑顔で決めてみましたわ!」

彗星の煌めきを感じる。

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

ミッキー二階堂によるスペシャル大会の当日を迎えた。あんなは前回の雪辱を果たすべく猛特訓しようとするが、めるに振り回されてそれどころではない。緊張感の無いめるに耐えかねたあんなは、とうとうひとりで練習をするために二人のもとを去ってしまう。

忘れていた大事なこと

前回大会でミラクル☆キラッツに敗けたことがプレッシャーとなり猛特訓に励むあんな。しかし決勝の舞台が豪華遊園地ということで、めるは練習よりも遊びを優先し、あんなを連れ回す。ただめるは好き勝手に行動しているわけではなく、気負いすぎているあんなを気遣って遊園地へと連れ出したのだろう。フリーダムに見えて友人の心情を察知できる洞察力も持っているのかもしれない。

めるが言うには今のあんなは「大事なことを忘れている」状態らしい。あんなはそれが思い出せず一度は二人の元を去ってしまったが、過去を振り返るうちにそれが「どんなときでも楽しむことを忘れない」ことだと思いだした。回想シーンからもわかるように、昔からメルティックスターには気負いがちのあんなをめるがリラックスさせ、その様子を見守るさらも笑顔になる、という好循環が働いていたようだ。本当に良いチームだ。

完全復活したあんなも戻り、メルティックスターは大会を(わかりきってはいたが)見事に優勝。ユニバースクイーンのコーデを入手した。こうして優勝を果たしたことで、ようやく真の意味でメルティックスターが復活したと感じる。

一方でこれまで順風満帆だったミラクル☆キラッツは初めての敗北に少し動揺している様子だった。キラッツは「いつもどおり」のパフォーマンスを意識して今大会に臨んだわけだが、それだけでは輝きを取り戻したメルティックスターには及ばなかった。確かに最近のキラッツにはどことなく停滞した雰囲気が漂っていたので、今回の敗北で彼女たちが成長することに期待しよう。

今回で感じたのはやはりメルティックスターの絆の強さと重さだった。キラッツの新進気鋭さも魅力なわけだが、それとは対象的に彼女たちは昔からチームとして活動してきた歴史を持っている。それだけにめる脱退時のあんなの心情は察するに余りあるし、それを経て復活した彼女らの関係性は非常に強固だろう。メルティックスターには個人的にはかなりの魅力を感じているが、そんな強力なチームにミラクル☆キラッツがどのように向き合い、成長していくかにも注目していきたいところだ。

新たなOP&ED

また27話よりOPとEDが一新された。

OPは「Go! Up! スターダム!」という曲名。こちらもRun Girls, Run!の楽曲となっている。作画が凄まじい。またおしゃマトリックスが登場しているので、今後の出番は保証されているようだ。またあいらの姿も確認できる。

EDは「KIRA KIRA ホログラム」という曲名。当然ながら、わーすたが担当となっている。わーすたにしては尖っていない歌詞で新鮮だった。EDはデフォルメキャラが登場するという流れになるのかもしれない。

(※動画は見つかりませんでした)

とりあえず両方ともレベルの高い出来で安心した。ただ今後は開幕顔面激突みらいが見られないのは少しさびしいかも

次回、28話「セレブなパーティ行ってみた!」

次回は白鳥アンジュ主催のパーティへ出かけるらしい。いよいよラスボスが本格的にストーリーに関わってくるのかもしれない。

1


2件のコメント

  1. あんなが前回大会で敗けたのは、メルティックスターじゃなくてミラクル☆キラッツでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)