【感想記】キラッとプリ☆チャン 第26話「おかしなイタズラやってみた!」

よし、これでi☆Risは全員出揃ったな。

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

ミッキー二階堂によってスペシャル大会の開催が宣言された。過去の大会でミラクル☆キラッツに敗北を許したメルティックスターは、めるも加わったことでリベンジへの熱を燃やす。しかしメルティックスターはいたずら動画で有名なアイドル・おしゃまトリックスに妨害を受け、苦戦を強いられる。

おしゃまなトリック

今回はめるを要していた謎の科学研究所が唐突に登場。めるを失ったことで研究が上手くいかないということで、彼女のアイドル活動を妨害するべく刺客を送り込む。無能が。そしてその刺客とは、いたずら動画で人気を博しているアイドル・おしゃマトリックスであった。

ちなみに画像左が歩堂デヴィ(CV:山北早紀)、画像右が明日香ルゥ(CV:澁谷梓希)と、プリパラ視聴者にはおなじみの声優陣となっている。ただ中身こそドレッシングパフェだが、その性格はガァルマゲドンを彷彿とさせる無茶苦茶っぷりを感じる。

スペシャル大会予選はレクリエーション形式となり、高得点の上位二人が決勝へ進むことに。始めこそおしゃマトリックスの妨害が上手くいってメルティックスターはピンチに陥るが、土壇場で三人のチームワークによって逆転滑り込みで決勝進出となった。前回まではめるの暴走を二人が軌道修正する描写が目立ったが、今回はめるがあんなをサポートするところもあったりと、意外と各々を補い合う柔軟性を持ったチームなのかもしれないと思った。

おしゃマトリックスは結局一話分で退場することになってしまったが、台詞にも現れていたように再登場の機会はあるように感じた。人気が出そうだし、いつかライブも見てみたいものだ。

次回、第27話「笑顔で決めてみましたわ!」

決勝戦に向けて意気込むメルティックスターだったが、それが悪い方に作用してバラバラになってしまうらしい。どのチームも通る道ですな。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)