【感想記】キラッとプリ☆チャン 第23話「めるめると出会ってみた!」

めるめるしてきたな。

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

ある日、みらいが家先に出るとそこには謎の美少女・紫藤めるが行き倒れていた。彼女はその奔放な性格で周囲を次々に自分のペースへと巻き込んでいく。どうやら「ある約束」を果たすために海外から返ってきたということらしいのだが……。

めるめるめるめ

いよいよ紫藤めるが登場。先週の記事で実はほんわか系の性格なのかもしれないと言ったが、その予想を超えるフリーダムぶりを見せつけてくれた。お菓子をバカスカ食べまくったり帰国子女だったり飛び級大学生だったりと特徴には事欠かない。ひとことで言えば不思議系だろうか。想定していた性格とはだいぶ違ったが、これはこれでべらぼうに可愛いと思った。

周知のとおり彼女は謎に包まれていたメルティックスターの3人目のメンバーだったわけだが、今回のラストでついに3人が相まみえることとなった。表情的にめるはひさしぶりの再会を喜んでいるようだが、あんなは放心状態で、さらは何となくバツが悪そうに見えた。

いかなる理由でメルティックスターから彼女が抜けることになったのかは次回のお話。ただめるの奔放な性格や紫髪なことから推するに、これといった相談も無しに旅に出てしまったとかだろうと思われる。また彼女が口にする「ある約束」というのも気になるところだ。そこに彼女が帰ってきた真の理由があるのだろう。

次回、第24話「星の願いかなえてみた!」

今回では見られなかったメルテックスター三人の絡みがいよいよ見られそうだ。正直なところあんな・さら・めるの三人が一同に介したときにどのような雰囲気になるのかがいまいち想像できないので、それだけに次回は非常に楽しみである。

体育祭編ということらしいが、なぜかあんなとめるを筆頭とした代理戦争のようになってしまう模様。やはりあんなはめるに対して何かしらの不満を抱えているということだろうか。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)