【感想記】キラッとプリ☆チャン 第22話「わたくし、イルカと翔んでみましたわ!」

夏の終わりとイルカと花火。

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

あらすじ

めが姉ぇからの依頼でメルティックスターの二人はキラ宿パークの一日宣伝大使をすることに。そこには過去にあんなを助けてくれたイルカのクロワッサン(通称・クロちゃん)がいたのだが、ひさしぶりに再開した彼は怠けきっており過去の面影はまったく無くなっていた。旧友のだらけた姿を見ていられないあんなは、過去の元気で可愛い姿を取り戻してもらうべく奮起する。

あんなと怠けイルカ

今回はひさしぶりのあんな回。「怠けイルカ」の根性を叩き直すために躍動する。また今回のデザイナーズセブン枠としてトレーナーの金城琉夏(CV:石上静香)が登場。もちろん憶測に過ぎないのだが、有能そうな雰囲気から前回の山根トシコよりは可能性が高く思える。

肝心の怠けイルカの鍛錬はまったく進展が無かったが、あんなが溺れる姿に過去を思い出し覚醒。快活な頃の姿を取り戻すことができた。正直なことを言えば途中からこの展開は読めてしまったが、実際に目の当たりにすると感動してしまった。王道って素晴らしい。

紫藤める、ようやく登場

メルティックスターの最後のひとり・紫藤める(CV:森嶋優花)がついに本編に登場した。ニュースサイトなどでビジュアルは先行公開されてはいたが、存在自体は9話からほのめかされていたので非常に長く感じた。

ビジュアルを見たときは高飛車系キャラかと思っていたが、予告を見る限りでは意外とほんわかフリーダムな性格にも見える。かなり楽しみ。

参考:キラッとプリ☆チャン:新アイドル・紫藤めるが登場 声優は森嶋優花 わーすたもテレビアニメに

次回「めるめると出会ってみた!」

めるめる…?

 

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)