【感想記】キラッとプリ☆チャン 第131話「認定試験不合格!たまごに戻っちゃうッチュ!」

         

 『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

シルクちゃんの恩返し

前回告知されたとおり、第三回マスコット試験が始まった。すっかり有名になった三人は後輩マスコットたちから羨望の眼差しを向けられて得意げな様子。試験についても経験者ということもあって余裕の表情だ。しかしこの慢心がタイトルにバラされているような惨事に繋がっていってしまうのは御存知の通り。

試験内容はプリ☆チャン映えする写真のモデル対決。後輩たちや謎のアイドルが続々と合格していく中、肝心の三人は気合と余裕が空回りしてあっけなく不合格に。さらに泣きの再試験も不合格を繰り返し、ついにはマスコット以前の卵の状態にまで戻されてしまう。自業自得とはいえシステムにまったく夢がない。

窮地に陥ったキラッCHUたちだが、救済措置として「ご主人様に無数の卵の中から見つけてもらう」というどこかで見たような試練をクリアして無事に復活となった。卵にまで戻ったのは慢心を見抜いためが兄ぃが発破をかけるためにやったことなのかもしれない。

そして気になっていた謎のマスコットの正体だが、まさかのシルクちゃんだった。最初はカラー的にアンジュのマスコットなのかと思っていたので衝撃である。蚕=絹=シルクということだろう。個人的にはシルクちゃんはあの姿を貫いてほしかったような気もするが、りんかと対面するシーンは少し感動的だった。特に驚きもせず当然のように語りかけるりんかに愛を感じた。

次回、第132話「おしゃまトリックス! ついにライブデビュー!?ッチュ!」

来たか……!

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)