【感想記】キラッとプリ☆チャン 第125話「ほっかほか!みんなのファミリーデーだッチュ!」

るいちゃんはもう萌黄家のファミリーってことでいいんですかね。

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

笑顔で会うために

エンジョイ・ファミリーデーを迎えたプリ☆チャンランドでは普段と違って家族連れで賑わっていた。このイベントのサポーターに就任したアリスはランド内で起こるトラブルを次々に解決していく。自身は実の親と生き別れているのにそれをまったく感じさせないのは人徳が現れていると思った。本人としてはサーカス団のみんなを家族同然と感じているので寂しさなどは特に無いのだろう。

一方でアイドルをやるのにはまだ消極的な様子。みらいから「プリチャンアイドルやらないの?」と聞かれるも普段とは違って動揺しまくっていた。かわいい。

アリスが日本へ来たのは両親を探しに来たのが最大の理由なわけだが、かといって実際に対面することにやはり躊躇いもあるらしい。本当に会う決心がついたら本格的に探そうと考えていたため、それまでに目立つような行動は避けたかった。それがプリ☆チャン放送に映るときに変装したり、プリチャンアイドルになることを避けていた理由とのことだ。

しかしみらいやみらいママからの後押しもあり、一転してアリスはプリチャンアイドルになることに。プリ☆チャンをやることは意図せずして本当の両親に見られるという不安があったわけだが、それを逆に笑顔の自分を見せる機会と捉えられるようになったわけだ。アドバイスがあったとはいえ、こうしてすぐにプラスに考えられるようになるあたり、アリスはメンタルお化けなように感じる。

次回、第126話「アリス! 笑顔のソロデビュー!」

さっそくのソロデビューとなるようだ。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)