【感想記】キラッとプリ☆チャン 第119話「迷子のイブ!?マーメイドプリンセスカップラビ!」

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

なまたまGO

プリンセスカップを生で鑑賞しようとし、あっさりと迷子になってしまったイブ。たまたま出会ったラビリィにプリ☆チャンランドの案内をしてもらうことになった。放浪時代が長いからランドに詳しいと胸を張るラビリィがなんとも切ない。

今回は色々と気になるシーンが多かったように思う。イブとラビリィが迷い込んだ建設中のエリアでは、白く輝く謎の少女が登場。というかどう見てもソルルだとは思うのだが、その後に登場したソルルはそのことを覚えていない様子。記憶の話といい不可解な部分が多いので、意外と今後の鍵を握っているのはソルルなのかもしれないと思ってきた。

そしてついにアリスとイブが出会ってしまった。何かが起こるのかと期待していたが、互いに面識は無いようで特に何も起こらず。ただアリスはイブのピアスに反応していたので、そこに二人の関係を明らかにする何かがありそうだ。

その裏で行われていたマーメイドプリンセスカップでは、当然ながら初参加となったリングマリィが優勝となった。それに伴ってラビリィがアイドルマスコットの姿に成長。EDを見たときから思っていたが、性格に反してギャルっぽい見た目なのがとても良い。

伏線が張られる回ではあったのだが、それを差し引いてもイブの天然さが可愛らしかったり、ラビリィの成長があったりと実りの多い回だったと思う。次回はいよいよラビリィのライブだろうか。

次回、第120話「大ショック!ラビリィの本当のご主人様ラビ!?」

ラビリィの主人を名乗る少女が現れたとのことだが、その子の見た目が明らかにアレなので展開が読めてしまう。

1+


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)