【感想記】キラッとプリ☆チャン 第115話「リングマリィが帰ってきたラビ!」

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

主人を探せ

リングマリィがメインの回かと思いきや、冒頭からいきなり変なキャラが登場。見るアニメを間違えたかと思うぐらいに謎の存在だったが、どうやら次回に関係がある模様。ちなみに名前は婚田アナ(CV:牧野由依)

一方でラビリィは夕方までに主人を見つけられなければプリたまGOをリセットすると、マスコットの偉い人に宣告されていた。リセットされるとどうなるかは不明だが、おそらくそこに宿るマスコットも消えてしまうと思われる。闇が深い。

その頃、プリ☆チャンランドにはお忍びで帰国していたリングマリィの姿があった。かわいいアンテナで瞬時にラビリィを見つけたまりあだったが、一時帰国ということでラビリィのご主人にはなれないらしい。その代わりにラビリィのご主人を見つける手助けをすることになった。

しかし都合よくマスコット不在のアイドルがいるわけもなく、タイムリミットの夕刻が訪れてしまう。めが兄ぃからプリたまGOのリセットを告げられるが、そこで見捨てるまりあとすずなわけもなく、ラビリィは無事にリングマリィのマスコットとなった。そもそもめが兄ぃは最初からこれが狙いだったのだろう。

ルルナも冷酷に見えて実際は主人候補を探していたりと、なんだかんだで面倒見が良いのかもしれない。リセットの話はラビリィに発破をかけるための方便だったのだろう。それにしても書類ではなく生身のおしゃまトリックスがそろそろ見たいものだ。

意外とあっさりとご主人が決まったという感想だが、ラビリィだけどうしてご主人が不在だったかについては特に触れないまま進行していくのか、次回以降に触れていくのかが少しだけ気になる。とはいえ前回のラビリィはさすがに気の毒だったのでまずは安心したところが大きい。

次回、第116話「ハッピーラブリィウェディングラビ!」

まりあとすずが結婚するようです。

1+


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)