【感想記】キラッとプリ☆チャン 第105話「どこどこ?プリたまさがしにGOGOッチュ!」

『キラッとプリ☆チャン』感想まとめ

ただしプリたまは尻から出る

プリ☆チャンランドにて「プリたまトレジャーハンティング」なるイベントが開催された。ランド内にあるプリたまを集め、その数を競うイベントらしい。プリたまの中には素敵な宝物が入っている他、最も多く集めたグループにはとっておきのプレゼントがあるとか。もちろんキラッツも参加することになった。

キラッCHUのサポートが空振りに終わりまくる一方で、メルパンを擁するメルティックスターは絶好調。おそらくマスコットの性能が違いすぎる。ただみらい達はそんなキラッCHUを責めるようなことはもちろんせず、またキラッCHU自身もめげる様子は見せない。キラッツらしく良い雰囲気でイベントに臨んでいた。

一向にプリたまを見つけられないキラッツは、一発逆転をかけてひとつで千個分の「スペシャルレアプリたま」を探すことに。モノレールに乗った先にそれはあるということだが、その途中でラビリィ(CV:田中美海)がちらっと登場。主人を探している様子だったが、現状ではそれが誰なのかは不明だ。

肝心のプリたまは山頂にいたカモノハシから産み落とされるという微妙に嫌な代物だった。さらにそのプリたまは崖から転がり落ちそうになるも、キラッCHUとメルパンの活躍により無事に手に入れることができた。マスコット同士も今回の件で仲が深まったようでほほえましい。

そして多くの「いいね」が集まったことからマスコットは「プリティーマスコット」に進化。あのネズミのような何かがこのような美少女になるとは誰が想像できただろうか。もう一段回の進化も楽しみだ。

一方でメルティックスターの様子は少し気になった。やはり前回言ったようにプリンセスカップでは本気で打倒キラッツを目指してくるのだろうか。二期は個人間での競争がほとんどだったので、原点回帰としてチーム間でバチバチやるのは面白くなりそうで良いと思った。

次回、第106話「かがやけ!レインボープリンセスカップだッチュ!」

いよいよプリンセスカップが開幕。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)