『檸檬』梶井基次郎

『檸檬』は梶井基次郎の小説である。有名な小説だし、教科書にも載るぐらいの作品なので知っている人は多いかもしれない。ただ自分は存在すら知らず、それもなんとなく癪に障るので読んでみた。 正直なところ、読み終わったときは良さを…

続きを読む →

膝・服・桜

「足を組んだ状態のまま椅子から立ち上がる」という謎のCM(どうやら「ロコモア」というサプリメントの宣伝だったらしい)を見たのだが、「フハハッ何やってんだこやつら」と嘲笑した数秒後には実践していた。威勢のいい掛け声とともに…

続きを読む →