Mリーグ in オフシーズン

7月10日が契約継続選手の公表期限ということもあり、この一週間ほどは激動だった。これまでとは異なりチームから去る選手が続々と発表されたが、やはり最も衝撃だったのはタッキーこと滝沢和典選手が自ら自由契約となったことだろうか。本人は「優勝できたら新たな挑戦のためにチームを抜けようと決めていた」とインタビューでは語っていたが、本当のところはよくわからない。

驚きはしたものの個人的には面白い展開なのかなと思う。今後がどうなっていくのかに目が離せないし、またこれをきっかけに今後はチーム間の選手移動が活発になりそうな気がする。ファンの間ではKONAMIがタッキーをドラフト一位指名してタキヒサコンビ誕生が囁かれている。熱い展開ではあるが、一方で敵としての対決が無くなるのは寂しいような気もする。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)